業務用エステ脱毛機(高速)を選ぶならルネッサンス|パンディーズ(シュガーリング)

導入のご相談

最近の脱毛機の問い合わせ

エステで脱毛を行うサロンが年々増えており、弊社にも機械のお問い合わせを日々たくさん頂いております。

 

その中で、ここ数年で急激に増えた質問として

「ルネッサンスはSHRですか??」といった内容があります。

 

SHRとは、脱毛理論として近年増えてきたものです。

弊社のルネッサンスはIPL方式というものを採用しており、SHR方式ではありません。

 

新興メーカーは基本的にSHR(他のアルファベットを使っているところもあります。)になりますが、なぜルネッサンスはこれだけ脱毛機を販売する中でSHR方式に変えないのか?

 

今回は、お客様の脱毛機選びの参考になるようにSHR理論の疑問点をご紹介いたします。

 

IPL脱毛・SHR脱毛の仕組み

はじめに、IPL理論とSHR理論のそれぞれの脱毛の仕組みについて説明します。

 

【IPL理論】

医療の脱毛でも取り入れられている脱毛方式

光の「黒い色素に吸収される」性質を利用し、黒い毛を伝って熱エネルギーを「毛乳頭」という毛を作る細胞に送ります。

その熱が毛乳頭へのダメージとなり、毛を作る働きを抑制するのがエステでのIPL脱毛方式です。

そのため、毛が毛乳頭と結合している「成長期の毛」にしか反応はしませんし、黒い色素を持たない金髪や白髪には反応しません。

 

【SHR理論】

毛乳頭に栄養を与えているとされる「バルジ」という領域に熱を蓄えることで発毛を抑制するという脱毛方式。

毛に熱を与えているわけではないので、成長期の毛以外の毛にも反応する(毛周期関係なし)、黒い色素も関係ないので金髪や白髪でも施術可能、という脱毛方式です。

 

 

この2つの脱毛方式の仕組みを聞いて、皆さんはどちらのほうが良いと思ったでしょうか?

SHRだと答える方が多いかと思います。

IPLは毛周期に沿った施術をします。金髪や白髪には反応しません。しかし、SHRは全てできるといいます。

 

本当にそうなのでしょうか?

できないという証拠はないので、完全に否定はできませんが、昔から脱毛機を販売しているメーカーはIPL方式の機械の販売を続けています。

ルネッサンスも同じです。

 

では、なぜIPLからSHRに移行しないのか、その疑問点を見ていきましょう。

 

 

SHR脱毛 その疑問点を考える

ずばり、SHRの理論に見られる疑問点は2つあります。

①毛周期に沿わない施術

SHRは先ほども説明した通り、毛に反応させるのではなく、バルジという領域に熱を蓄える仕組みの為、毛周期にかかわらず全ての毛に反応できるということです。

そのため「1週間に1度の施術が可能!最短半年で完了!」と謳うメーカーも多いです。

しかし、ここで疑問が生まれます。

 

もし本当に全ての毛に反応するのなら、1回の施術で全ての毛に反応させることができるのではないか?

 

という点です。成長期、休止期、退行期全ての毛に本当に反応しているのであれば、理論上は1回全身に光を当てただけで施術が完了するはずです。

しかし実際には、IPLと同じくらいの回数の施術をする必要があります。SHRの機械を入れているサロンは自分の言っていることを本当に理解しているのでしょうか?

 

サロンとして、お客様からお金を頂いて施術をする立場として、自分が使う機械に関しては絶対に理解しておくべきですし、そうでなくては施術する資格がないと考えます。

 

②IPLとSHRは同じライトを使っている

ここからは少し科学的な話が関わってきます。

日本の脱毛機メーカーが採用しているランプは、ほとんどが「キセノンランプ」です。「クリプトンランプ」を使用しているメーカーもありますが、キセノンとクリプトンは基本的な化学的性質は同じなので、同じものと考えることができます。

 

さて、このキセノンランプですが、化学的には「希ガス」というグループに属し、

電気を流すと発光する」という性質を持っています。

身近な例がネオンランプです。ネオンのライトは街中でよく目に入るかと思いますが、あれはキセノンと同じ仕組みで光っています。

 

キセノンの光は基本的に太陽光に近い光が出ます。

紫外線領域の光もあれば、可視光線領域、赤外線領域もあります。

紫外線領域の光はもちろん有害なので、脱毛機はハンドピースのフィルターを通して紫外線領域など有害な波長をカットし、脱毛に有効かつ人体に無害な波長の光(ルネッサンスなら550~1200nm)を発光しています。

 

光は基本的に黒い色素に反応し、吸収されます。

夏に「黒い服はより熱く感じる」や、ルーペで太陽光を投下させると黒く塗った紙が焦げるが白い紙は焦げない、というのは日常生活や義務教育の過程で学ぶことです。

 

IPLはこの性質を使っているので黒い毛に反応するし、白髪や金髪には反応しないと言います。同じ光が出ているSHRでは、どうして白髪も抜けると言えるでしょうか?

 

そもそも、同じライトを使って同じ光を出しているのに、どうして働きかける部位が変わると言えるのでしょうか?

 

黒に反応しないからホクロの上も施術できる!という謳い方はあまりに危険です。

光の性質を理解していません。

 

このSHRのライトの矛盾点をもし説明できるのでしたら、お客様に自信をもってSHRの機械で施術してもよいかと思いますが、この科学的にも根拠のない謳い方であれば、お金を頂いてお客様に施術するのは、いかがなものかと思います。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

このように、SHR方式には矛盾点が多い理論です。

皆さまはこの話を聞いてどう思いましたでしょうか?

 

これから脱毛機の導入を検討されている方は、ぜひ参考にして頂きたいです。

また、もうすでに導入されている方は、今一度自身の使っている機械の理論を自分でしっかりと理解しており、お客様に説明できるかということを、見直してみてください。